2018年07月

アジサシ二種の餌絡み、自分の為か、子供の為か、愛情か?
思うが儘に、ボケボケ写真羅列
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
   
イメージ 13


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12
5 2-5

ベニアジサシ(紅鯵刺、学名:Sterna dougallii)は、チドリ目カモメ科
コアジサシ(小鯵刺、学名:Sterna albifrons)は、チドリ目カモメ科
飛翔と休憩遠くの防波堤の上
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
補正を変えて
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
5 2-5

前回の続き目標鳥待ちの間に相手して貰った、三種鳥等
ゴジュウカラ (7月19日撮影)
イメージ 1

イメージ 2
ヒガラ幼鳥?
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
カケス
イメージ 6

イメージ 7
トンボ
イメージ 8

イメージ 9
5 2-5

涼を求めて少し遠出して、確かに1900m超えの山では直射日光下では暑いが        木陰は涼しい、目標の鳥には出会えなかったが、相手して貰った
ミソサザイ好く囀っていましたイメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
5 2-5


イメージ 1

↑このページのトップヘ