2018年02月

トラフズク(虎斑木菟、Asio otus)は、フクロウ目フクロウ科トラフズク属
鳥友さんから十羽程居ると聞き早々に行って見るが、教えられ通り粗被りばかり
何とか頑張って、撮れたそれぞれ別の個体を
一番被りの少ないのから
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
 
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
0.05 2-5

前回の続き水飲み場に来た鳥達
ホオジロ雄雌から
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
ヤマガラ
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6
エナガ
イメージ 7

イメージ 8
シジュウカラ
イメージ 9

イメージ 10
0.05 2-5

ウソ(鷽、学名:Pyrrhula pyrrhula Linnaeus, 1758)は、スズメ目アトリ科ウソ属
今季二度目、何とか出会える、水飲み場に来たウソ、カワラヒワ等
ウソ雄雌
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
カワラヒワ
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
シロハラ
イメージ 9
ヒヨドリ
イメージ 10
0.05 2-5

カワガラス(河烏、川鴉、学名:Cinclus pallasii Temminck, 1820)は、スズメ目     カワガラス科カワガラス属
今季初、地元のCM曰くもう子育て中とか撮影した一枚海老蟹を銜えてるような?
雌雄は不明
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
暗い場所で飛び物難しい
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9
  0.05 2-5

山の公園へウソが居ないか行って見る三か所廻って見掛けた鳥を、本番駄目でした
カワセミ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
ルリビタキ
イメージ 5

イメージ 6
ジュビタキ
イメージ 7
ヒヨドリ
イメージ 8
ノビタキ
イメージ 9
ヤマガラ
イメージ 10
0.05 2-5

↑このページのトップヘ